澳门赌场游戏下载

Bluetooth®/LPWA用無線モジュールの取り組み
SMKトップ > SMK BluetoothⓇ/LPWA用無線モジュールの取り組み
SMKのBluetoothⓇ/LPWA用無線モジュールの取り組み

 

SMKは、Bluetooth®をはじめ無線通信モジュールを取り扱っていますが、近年ではIoT向けの通信規格であるLPWAに注力しています。本ページではLPWAや、その他の無線通信モジュールについて解説いたします。

LPWA(Low Power Wide Area)とは

省電力、広範囲の通信ネットワークを指す名称です。
IoT向けの通信規格として注目され、普及が拡大しています。
特に、常時通信が不要で広範囲のデータ管理・取得に適し、低コストの運用が可能です。

【特長】
低消費電力(電池で数年単位の寿命)
長距離通信(数百m~数km)
低コスト(安価な通信回数料)
少量/低速のデータ通信
=====================ネットワーク構成例=====================
ネットワーク構成の例

LPWAの用途

LPWAは特定の用途・業界に限らず、さまざまな利用シーンが想定されています。
活用方法はアイデア次第です。

LPWAの用途例

各種規格のポジショニングマップ

各種規格ポジショニングマップ

LPWAの活用例

LPWAの活用例

SMKの取り扱い/開発製品群

方式 sigfox LoRa  
smk

Original
IP500  
Bluetooth

※~Ver.5.1
利用帯域 SubGHz
※日本国内:920MHz
SubGHz
※日本国内:920MHz
SubGHz
※日本国内:920MHz
SubGHz
※日本国内:920MHz
/2.4GHz
2.4GHz
伝送距離 ~数10km ~数km ~1km ~500 m ~50m
伝送速度 ~100bps ~250bps ~625bps ~400kbps ~2Mbps
ステータス ♦量産中
・WF923
♦開発中
(サンプルご提供中)
・WF923G PDFファイル
・WF931Sigfox module
♦開発中
・LR01 PDFファイル




    LoRa module
♦開発中
・WF924 PDFファイル




SMK SubGHz module
♦開発中
・CNX200M PDFファイル




IP500 module
♦量産中
・BTS01
・BTS04
・BT401
・BTS05


Bluetooth
対応国 日本日本日本欧米/日本欧米/日本

*SMK製Sigfoxモジュールを搭載した実証実験対応用の標準ユニット (Sigfox汎用トランスミッター)もご用意しています。

※量産・開発ステータス等の最新状況は、お問い合わせください。
   営業担当者がご不明の場合は、こちらから。


  • お問い合わせ